デイトレーダーの余裕の顔


外貨トレードにはスワップは必須事項

皆さんはスワップという言葉を聞いたことがありますか?これは外貨トレードにとって必要不可欠な専門用語です。

また、外貨を使ってトレードする際、金利のことは考慮されていますか?金利の差額によっても利益を得ることができるということも覚えておきましょう。これらは、外為取引攻略法に必ず必要な知識となります。

sdfsdf一般に、外貨トレードにおいて、「ポジションを建てたまま一日が経過すると」金利が発生します。金利発生時に安い金利と高い金利との差額が生まれ、これが損益になります。その際、「金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買う」と利益が生まれ、逆の場合、スワップ金利を支払わなければなりません。そしてこの場合、損失が発生するのです。ポジションを建てた場合売ることによって利益が生まれます。このケースでは、「高金利国の通貨で低金利国の通貨を売る」のです。いずれにしても金利の差額が利益ということになるのです。

参照: 「USドル.com」

この利益は、「ニューヨーク市場が閉まった時に」入ってくるので、閉まる前に取引をしても金利は得られません。もし金利を得たいなら必ず日付が変わらなければならないのです。

但しこのスワップ金利というのは、あくまで前提として、長く持っていることが必要で、ホールドしている間に値が上下することで想定外の損失が出てしまうことも可能性としてはあります。このような場合に、もしロスカットが行われれば、金利はもちろんですが、証拠金も全てなくなり、マイナスになる可能性もあるのです。このロスカットとは、証拠金を下回るような相場の変動があった場合、大幅な損失が出るのを防ぐために強制的に決済を行うシステムです。ですから、スワップという概念を理解することえ、金利によって利益を得る方法があるのですが、通貨の値段をしっかりと把握しておかなければ大きな損失も免れないでしょう。

一般的には、このように、市場の値動きだけでなく、金利の上下によっても利益が得られるところから、スワップ金利はFXに興味を持っている方におすすめできるのですが、かといってなめてかかっていては、大きな損失が出る恐れも有り、誰でも簡単にできるといえるものではありません。しっかりとした知識を得て行うようにしましょう。