デイトレーダーの余裕の顔


FXとバイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションは主に通貨を銘柄にして取引を行う事が多いため、同じく通貨を銘柄にしているFX取引とよく間違われたり、同じものだと思われたりしていますが、実は全くの別物になります。

簡単に言えば、通貨そのものを売買して利益を得ていくのがFXで、通貨の為替レートの変動の数値を予測して当てていくのがバイナリーオプションになります。

FXは外国為替市場の為替相場のレート変動により、通貨の価値が変わることを利用し、通貨を保持してそこに利益が出ることで、それを決済して利益を確定していくため、為替相場の変動の如何によっては、一度の取引きで大きな利益が得られるのが利点です。

バイナリーオプションでは、予測が当たるか外れるかで利益と損失が決まるために、為替相場の変動で、利益が大きくなったりはしないのですが、例えばどんなに損失方向に相場が動いても損失は大きくなりません。

また、ごく小さな利益側へのレート変動だったとしても、当たりの判定が出れば決まっている配当金が必ずもらえることが利点で、これにより、どんなに相場が荒れて乱れていても、逆にFXでは利益が出なさそうな値動きのほとんどない相場でも、必ず一定の利益を出すことができるのです。

FXでは、注文の際に自らで新規注文をし、自分のタイミングで相場を見ながら決済注文を入れるために、自由度が高く、例えば一度損失方向にレートが動いてもそこを我慢して回復を待ち、そこから利益を得るというような取引が行えます。

バイナリーオプションでは、例えば「現在1ドル100円の為替レートが、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」というような取引ルールに対して、投資を行っていくために、決まった時間で必ず結果がでて、その勝ち負けは必ず判定が付くようになっています。

このようなことから、FXの方がやや投資取引に慣れている投資家に向いているものであり、バイナリーオプションは投資取引の初心者や初めてそれほど時間のたっていない初級者の投資家に向いていると言えるでしょう。

FXをする際に注意する点は、取引きの最中には冷静な判断力と強い決断力を保ち続ける必要があるという事になると思います。

せっかく通貨に生まれ始めた利益が下がるのを恐れて、まだ伸ばせる利益をすぐに取り込んでしまったり、通貨に損失が出ているにもかかわらず、必ず値を戻すはずだと我慢をしてしまって、取り返しのつかない損失になってしまい結局大きなマイナスになってしまったという事は、よく聞く話ですので、判断力と決断力が問われる投資取引と言えるでしょう。

バイナリーオプションは、利益と損失の額を自分では調節できないため、しっかりとした予測が必要になります。
しかし、多くの場合には、投資の選択が二者択一になっているので、無作為に投資しても5割の勝率にはなりますし、投資をする前から、その投資の最大利益と最大損失が分かる仕組みですので、しっかりと資金管理をしながら、為替相場の予測と分析の勉強をしていくべきでしょう。